トキド記

たまーに更新する予定の声優・稲村透の雑記帳…最新情報などはホームページ「なんとなくいなむらとおる」まで!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ジョッキー

20090213151606
久々に読書感なんぞ。


松樹剛史・著

「ジョッキー」

まあ単純に言えば中堅どころの不器用なジョッキーが苦労しながら頑張る

って話です。


どの業界でもフリーって自分でなんでもやらないとダメなのね~と世の中の厳しさをひしひしと感じさせられます。


またほんとこの主人公が不器用でしてね…元師匠の調教師が頭を下げて取って来てくれる騎乗依頼以外は依頼をもらうための営業を全くしない(ちなみに人間関係のしがらみで師匠の馬には乗せて貰えない)。

本人いわく
「技術を磨いてそれを認めてくれる依頼主からだけ仕事を貰えばいい、依頼のための営業はいらない」


…理想にすぎないなぁと皆さんお思いかと。


その通り、全く依頼がありません、だって付き合いが全くないんですもん。

ジョッキーとしての腕は確かなので乗ればけっこう勝つんですけどね~


大馬主との軋轢だったり女子アナに好かれたり後輩におごらされて貧乏になったりしながら最後にはけっこう日が当たりそうなことがあるんですが、たぶんこの主人公の場合あまり状況は変わらないんだろうなぁ…


あ、夢と理想は詰まってます。



小説として、面白く読めましたが個人的には競馬小説ならば宮本輝の「優駿」のほうが好きですね~、まあ視点が微妙に違うので好みの問題ですけどね。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。