トキド記

たまーに更新する予定の声優・稲村透の雑記帳…最新情報などはホームページ「なんとなくいなむらとおる」まで!

宴の後は

公演終了いたしました。

芝居にかけたこの一月半、駆け抜けたとしかいいようがありません、まるで夢の世界にいた気持ちでした、いつまでも覚めなければ良いなあなんて思ってました。


高浜虚子はやりがいのある大好きな役でした。

なによりも正岡子規を兄のように慕う気持ちは僕が子規役の児玉信夫さんを慕う気持ちに近く、すんなりと入れました、最後のシーンでは自分の追い求め続けた虚子としてその場に居られたかなと…


皆で芝居を作ると言うのはこんなに楽しいものなんだと改めて思いました。

見に来ていただけた皆様、本当にありがとうございました。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する