トキド記

たまーに更新する予定の声優・稲村透の雑記帳…最新情報などはホームページ「なんとなくいなむらとおる」まで!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

蒼き狼

「蒼き狼 地果て海尽きるまで」

を見てまいりました。
 
ほぼ全員日本人キャストでモンゴルの英雄チンギス・ハーンを作る・・・
 
 
いくら「男たちの大和」が良くできていたといってもなあ・・・と、ちょっと半信半疑で見に行きましたがなかなかの見ごたえでした。
 
どこまでが真実でどこらあたりがフィクションかが分からないので史実的にはどうとか言えませんが壮大な作られ方でおお!と思わされるシーンがチラホラ
 
役者さんとしてはこの人は!と言う人を上げるのは難しいのですが(やはりモンゴル人という設定だけにテムジン!と反町さんが呼ばれてるのを見ても?が先行・・・物語にのめりこめてないだけですけどね)

その中で誰かを挙げるとすれば松山ケンイチさんかなあと思います、あまりたくさん出てくるわけではないのですがね。
 
「デスノート」も「男たちの大和」も見たのですが見るたびに印象がはっきりと違う・・・すげえよなあ、まだ若いのに。
 
見所で言えば中盤の戦闘シーン!
 
こういう話ってフカンでばあっと部隊が激突するシーンがだいたいあるのですが、様々な陣形が描かれているのでチンギス・ハーン軍が優勢になっていくのが良く分かります。
特に、中央突破を図ろうとした敵部隊を横撃して見事分断する戦術!
 
その後、見事なほどに敵部隊を囲い込み各個撃破するのをフカンで見せるとすごく良く考えられてるなと「銀河英雄伝説」好きとしては感じてしまうわけです。
 
まあ何よりも・・・こりゃ映画館で見るから面白いんだなと思わされました。
 
 
ただ・・・
 
ただただ・・・
 
長い!
 
いや正確には、長く感じる!2時間15分くらいなんだけどなあ・・・
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。