トキド記

たまーに更新する予定の声優・稲村透の雑記帳…最新情報などはホームページ「なんとなくいなむらとおる」まで!

実験!いろんな機材で録音して音質を比較してみた。

ほら、僕のお仕事って声優さんじゃないですか!

と、たまには声優さんらしく「音」について考えてみました。

最近、「この文章のサンプルをください」と言う問い合わせがあるものですので、自宅に所有しているいろんな機材で録音しているわけですが、当たり前ですが物によって音質が違います。

つうわけで、持ってる機材で同じ内容を録音し比較してみました。

なお、比較で聴く際にはモニターヘッドフォンだとものすごく差が顕著に出ますのでPC・スマホのスピーカーで聞いてからモニターヘッドフォンでも試してみてください。

●レギュレーション●
マイクからの距離はすべて30cm程度、木の丸テーブルで録音、iPhoneとPCMレコーダーは小型三脚で高さを上げる。
全て同じ内容を録音する、秒数をほぼ同じするため、各内容間の間をカットする。
音量は波形上で全て同程度に上げ下げする。
コンプレッサーやノーマライズ、ノイズ調整は行わない。
編集はDIGIONSOUNDで行いWAV型式モノラルで書き出しを行う。


エントリーナンバー1番
iPHONE5S
iPhone


予想:大穴
ご存知スマホの雄。
やはり基本は電話なだけに厳しいか・・・出先で急に必要な場合はこれを使わなければなりません。しかし他のスマホに比べるとだいぶ音質が良かった思い出が・・・



エントリーナンバー2番
ZOOM-H1
ZOOM

予想:対抗
リニアPCMレコーダーです。ビデオカメラの外付けマイクとして購入したんですけど便利なので最近よく使います。
無駄な機能が付いてないので操作も楽、本来はステレオ録音です。




エントリーナンバー3番
BERHINGER-H1240USB&M-AUDIO
M&A

予想:本命
当たり前なんですが、ミキサー兼オーディオインターフェイスにコンデンサーマイクですから・・・ぶっちぎりの優勝は間違いないわけで、むしろどれだけ差をつけられるかに期待。




まあ当たり前の結果ですが

iPhone≪ZOOM-H1<BERHINGER-H1240USB&M-AUDIO

でしたね。

個人的には意外とPCMレコーダーとオーディオインタフェイス&コンデンサーマイクの差があまり出なかったなと言う感想です。

そしてやはりスマホには限界がありましたね、普段はちょこちょこいじって出してるので大丈夫かと思ってましたが・・・今後は考えたほうが良さそうです。

ま、今回は音量とカット以外の編集をしてませんので調整をしたらどこまで近くなるのかも調べてみたくなりますね。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する