トキド記

たまーに更新する予定の声優・稲村透の雑記帳…最新情報などはホームページ「なんとなくいなむらとおる」まで!

夢の終わりは次の夢の始まり

2013年10月の二回目放送からナレーションを担当させていただいてたフジテレビ「いらこん」

先日の3月24日の放送で最終回を迎えました。





デビューして8年目、初めてのテレビナレーション。

月一のレギュラー放送。

アニメのレギュラー経験はあってもナレーションのレギュラーは初めて。

一回目はテレビから流れる自分の声に緊張と感動。

二回目からは苦悩の連続の連続の連続。

どうしたら良くなるのかわからないまま過ぎていく時間。

長い一進一退。

自分の理想と実際の出来に納得できないまま。

そんな連続。

毎度毎度失敗を繰り返しスタッフさんに呆れられているだろうと思いつつ一回一回1%でも精度を上げようともがき続けた28回の収録でした。


今だからこそ言えるのですが、実は「いらこん」は偶然が偶然を呼ぶ流れで起用されておりまして。

まったく別の収録に行った際

「今こんな番組をやってるんだけど、君がやるならどんな感じになる?イメージとしては○○のような軽快で元気なイメージが良いんだけど。」

と言われ、その場で喋らせていただき・・・気がついたら二代目ナレーターに起用され最後までやらせていただいた感じです。本当に出会いと偶然に感謝。


先日番組の打ち上げがありまして、出演者さん、制作スタッフさんの番組に対する愛情をたくさん伺いました。

「また皆でこの番組をやりたいね」

僕もまったく同じ思いです。

また皆さんと一緒に素敵な番組が作れますように。。。

夢の終わりは次の夢の始まり・・・まだまだ歩み続けます。。。

「いらこん」は僕の声優・ナレーター人生において大切な宝物をくれました、本当にありがとうございました。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する