トキド記

たまーに更新する予定の声優・稲村透の雑記帳…最新情報などはホームページ「なんとなくいなむらとおる」まで!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

レミゼとレミゼとレミゼ

今年は二回観てきました。

ミュージカル「レ・ミゼラブル」






10年前(まだ旧演出でした)に初めて見てかなり感動してからもはやライフワークな訳で、おそらく15回以上見てるのではなかろうかと思います。

まあレミゼ好きの人からすれば少ないのでしょうけど(^^;;


で、ついでにということで。

買いました。



コミック版と英語教育用教材版(笑)

まず

漫画版と言えばみなもと太郎さんの「レ・ミゼラブル」と言う名作があり、もちろんそれも読んだわけですが、今回のレミゼは「やるなあゲッサン!」って感じです。

そりゃあ好きな人は好きですけど若者にこんな説教くさい話ウケないだろと思っていたわけですよ。

でもファンからするとやる以上は途中で打ち切りとか最高に嫌ですしねえ・・・

「俺たちの戦いはこれからだ!」
(ジャンバルジャン達の戦いはこれからも続く!ご愛読ありがとうございました!新井先生の次回作にご期待ください!)

みたいな終わり方されたらファンが暴動起こしますよ・・・


というわけで実はコミック版買ってませんでした。

でスルーしていたのですが、5巻まで出てるらしいのでこれなら最後までやってくれるだろ・・・と買いました。


いやはやよく出来てますわ。

ユゴーの原作のうち、いらない部分を削りに削り大切なところを広げに広げた作りになっていて、これは逆に原作読みたくなる出来です。

そして英語版。
これはオクスフォード大学出版から出ている英語教育用の副読本なんですけどね・・・僕の英語力は正直中一くらいなので(とても英語の講義量が多い大学を出たとは思えない発言)英語をきちんと勉強し直すためにと購入しました。

大丈夫、好きなものが題材なら英語も楽しく学べるさ!

というわけで、レミゼ気分の春はまだまだ続きそうです^_^
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。