トキド記

たまーに更新する予定の声優・稲村透の雑記帳…最新情報などはホームページ「なんとなくいなむらとおる」まで!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

一週間過ぎて

遅くなりましたが、まごころ18番勝負「排他的論理和の否定」無事に全ステージ満席状態で終演致しました。




ご来場いただきました皆様に心よりお礼申し上げます。

今回演じさせていただいた館林剛志役は初演を観客として見させていただいた時から印象に残っていた役回りでございました。

今回「排他的~」を再演するというお話があった時に是非やらせて欲しいと主宰のゆきをさんにお願いし出演させていただきました、産みの苦しみも多かったですがとても幸せな時間でした。

今回役作りにあたり、ダブルキャストの小田久史くんと一緒に東京地方裁判所へ裁判傍聴に行き、はずかしながらこの歳になって初めて裁判がどのように行われ、どのように裁判官や検事、弁護士が話しているのかを見ることができました。

百聞は一見にしかず

まさにこの言葉が僕の中で浮かびました、ついつい資料とイメージで進めてしまいがちな役作りを変えることができる貴重な経験でした。

この経験や思いを今後の作品作りに活かして行きたいと思います。

次回、皆様に直接お目にかかることができる機会は10月16日のスタジオペンタゴンだ開催予定のことだま屋リーディング部さんです。

こちらも楽しみな作品ですので頑張って行きたいと思います^_^
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。